楽しく生きるコツ

2013.11.26発行 Vol.211
 最近、このテーマで講演をしました。今回は、私なりに楽しく生きるコツをお伝えしたいと思います。

 まず、何をさておいても健康です。健康でなければ、どんなにお金があっても、どんなに良い仕事をオファーされてもそのお金や仕事を楽しむことができません。私も7年ほど前に肺がんで右肺の一部を切除しました。おかげさまで、その後健康に問題はありませんが、健康には特に注意しています。検診も欠かさずに受けています。病気にならないのが一番ですが、早期発見・早期治療もとても重要です。

 次に、順不同ですが、人生を楽しく生きるためにはお金も必要です。もちろん、ライフスタイルや住む場所などによって必要なお金の額は違いますが、お金もある程度必要です。私の人生の師匠の藤本幸邦老師も「お金がないのは不自由」とおっしゃっていましたが、人生をある程度楽しむためにはお金が必要です。

 ただし、藤本老師は「お金や時間は使うもの」ともおっしゃっていました。お金がないと思いながらお金のために仕事をするのもお金に使われていますが、お金持ちでも、お金のことばかり考えているのは、やはりお金に使われていることとなります。時間もそうですが、お金も自分でコントロールすることが大切です。自分の分にあった生き方をしていると、お金に使われることはないのではないでしょうか。

 人生を楽しく過ごすには、さらには、運命を受け入れて前向きに生きることが大切だと思います。私は、飛行機でたまたま隣に座った人の会社に銀行を辞めて転職した経験があるので、結構運命論者です。自分でコントロールできない運命がそれぞれの人には定められていると思います。ただ、それは宿命ではなく、ある程度は自分で変えられるものです。ですから、起こっていることは運命と受け入れて、そして、どんなことでも前向きに対応することが大切だと考えています。もちろん、辛いこと、悲しいことなど人生には多くのことが起こります。しかし、普段から、どんなことでも前向きに対応する習慣を持っていれば、辛いことでも乗り越えられやすくなると思っています。考え方が前向きかそうでないかで、人生の楽しめ方は大きく違うと思います。

 最後に、人生を楽しむためには、家族や友人との関係がうまくいくことが大切です。そのためには、少し心理学を勉強すると良いでしょう。私はエニアグラムを若いころに学びましたが、いずれにしても人それぞれ価値観が違うということが分かることが大切です。人それぞれは根底で価値観が違うので、自分の考えを相手に完全に理解してもらうことは大変なのです。自分の考えを相手に分かってもらえないと悩むよりは、相手の価値観を理解する方が簡単かもしれません。いずれにしても「誤解が当然、理解は偶然」と言うぐらいの気持ちで相手に接することも必要です。それぞれの価値観が違うということを知った上で、多くの人とうまく接していくことが大切です。

 ちょっとした考え方で、人生は楽しくもなり、そうでもなくなるのだと思います。