グアムの定点観察、2017年

2017.02.28発行 Vol.289
毎年2月にグアムで経営計画策定の合宿セミナーを行っています。今年で連続1
1年目となりますが、今年は40名のお客さまにお集まりいただきました。グア
ムの研修が終了した時点で毎年このメルマガに「定点観察」を書いています。

今年は、何よりもお天気が悪かったのが印象的です。日中はホテルのセミナー
ルームで缶詰めになって経営計画を立てるので、ほとんどのお客さまにはお天気
は関係しませんが、窓の外に見える景色であっても、やはり青い海には青い空が
似合うものです。私は例年、朝6時30分から合宿に合流している後継者ゼミ
ナール受講生たちと散歩をするのがグアムでの日課ですが、4泊5日のうち最後
の2日間だけ散歩ができました。2月はグアムは乾期で、通り雨のようなものは
あるものの、一日のほとんどが雨、それも数日続くことは今年が初めてでした。
地球温暖化の影響でなければいいのですが。

今年目立ったのは韓国人の多さです。空港の免税店もロッテに代わってしまいま
したが、ホテル内でも中心地を歩いていても、韓国人が目立ちます。その分、中
国人の増加は目立ちませんでした。春節が終わっていたからかもしれません。免
税店で話を聞くと、韓国人と中国人は、特に中国人は高い買い物をしなくなった
と言っていました。

日航ホテルに泊まったのですが、以前は有料だったインターネットが部屋でも会
議室でもすべて無料となっていました。日本のホテルでも、以前は高級ホテルほ
どインターネットが有料のところが多かったのですが、これも無料になる傾向が
あります。滞在期間中に社外役員をしている会社の会議があり、グアムから日本
までコーリングカードを使って30分ほど電話会議に出たのですが、国際電話代
が2千円ほどでした。30数年前に米国に留学していた時、料金が高いため時計
を見ながらはらはらして日本に電話していたのとは様変わりです。ハワイのホテ
ルでは、日本への国際通話が毎日1時間ほど無料というサービスをしているとこ
ろもあるそうです。インターネットをはじめ国際的な通信が、すでに多くの人の
ビジネスや生活のインフラとなっているということでしょう。

今年はお天気が悪く、あまり外出もできなかったせいかもしれませんが、いつも
たくさん見かける卒業旅行の日本の大学生はあまり見かけませんでした。これは
気のせいであることを願っています。

最後に、夕方になると、戦闘機や爆撃機が訓練飛行などから爆音をとどろかせて
基地に戻ってくる光景は例年と同じでした。グアムはアメリカの準州ですが、大
統領が変わり、政策に大きな変更がないことを祈るだけです。

2007年にグアムでセミナーを始めたときは、私は肺がんの手術をし、右肺の
4分の1ほどを切除した4か月後でした。今年も元気にグアムで研修や定点観察
ができたことをとてもうれしく思っています。

【小宮 一慶】