P.F.ドラッカー(経営の原理・原則)

経営を学ぶと必ず誰もが耳にする、ピーター・ドラッカー。
2005年に95歳で亡くなってからも、今なお多くの経営者に学ばれ続けています。
しかしながら、著書数の多さ、内容の複雑さから、なかなか本質を理解することは難しく、
多くの人がドラッカーを学びたいと思いながらも実現できずにいるというお声を伺います。

ドラッカーの本質を知りたい方、
ドラッカーの本当のメッセージを知りたい方、
ドラッカーをもっと深く理解したい方、
ドラッカーを知ることで経営の本質を理解し、実践へとつなげたい方

にお届けする学びです。

何故、ドラッカーなのか。KCがドラッカーをお伝えする理由。

KCがドラッカーをお伝えするには、理由があります。
私たちは経営コンサルタントとして、ドラッカー以外にも
様々に実践的な経営学を研究しており、お話させて頂いております。
その中でも、ドラッカーを特別にテーマとして掲げているのには次の理由からです。

KCのお伝えする経営の原理原則を基軸とした、

お客様視点での企業の価値向上を最大化するマーケティング
市場の変化を捉え、機会を創出するイノベーション
経営者個人の成果を上げ続けるセルフマネジメントの技術

経営・組織に関する「本質」を貫く学びが出来るから。
 

特にその中でもドラッカーの特徴的なテーマである「マーケティング」を主軸に

企業経営にとって最重要な顧客視点の確立
変化を機会として、飛躍できる組織へのイノベーション
経営者・幹部のリーダーシップの確立、そして、学び、進化し続ける組織の実現

が本当の目的です。

つまりドラッカーはKCがお伝えしたい、
原理原則に基づいた
経営に必要なエッセンスを一貫して学べる素晴らしいテーマ
なのです。

ドラッカーを学ぶ効果

  • ドラッカーの理解と経営現場での実践
  • 事業の分析と市場で勝てる・差別化戦略の実現
  • ぶれないリーダーの経営理念の構築
  • 原理・原則に基づく戦略立案と実行できる高収益企業への進化

ドラッカーは難しい?

ドラッカーの書籍は、関連図書も含め数多く出版されているにも関わらず、
多くの人が難しさを感じているようです。
それは何故でしょうか?
多くの経営者がドラッカーの書籍を一度は読んでいるにも関わらず、
業績に反映できていないのはどうしてでしょうか?

ドラッカーマネジメントは決して難しい考え方ではありません。
これまでドラッカーを難しく感じておられた方へ、
論理でなく、「感動」からマネジメントの本質を読み解けば、
ドラッカーの実践への活かし方が明解に分かるようになります。

「これは目からウロコ」、というのはお客様のご感想。

殆どのドラッカー解説が論理であるのに対し、「感動」という切り口で
自らが感動を追体験する学びをすれば、
これまで難しいと感じていた内容が腑に落ちて、理解できるようになります。


感動の切り口から、ドラッカーの解説をしているのはKCだけだと自負しております。 

(詳しくは、お客様のご感想をご参照くださいませ。)

マネジメントは実学です。
単にドラッカーを学ぶだけでなく、実践に活かす・活きる学びから、
ぶれない経営の実現をお手伝いいたします。

【ドラッカーの言葉】

 「中小企業の多くが、大企業より明確な戦略を必要としている。
  しかし明確な事業の定義を行い、
  戦略を策定している経営者は少ない。」

ドラッカーを学ぶのに最適な対象者様は?

ドラッカーの考え方は経営の原理・原則であり、普遍的なものです。
経営者・経営幹部・中間管理職・公的機関・経営コンサルタントから
会計士・税理士・社労士等・各種士業の方まで、幅広くご受講頂いております。

詳しくはお問い合わせください

※ドラッカー講座・研修の詳細については担当コンサルタントまでお問い合わせ下さい。

 お問合わせはこちら»
または、
電話:03-3556-8388(平日9:00~18:00)